子育て支援・子育て 埼玉

各行政区の相違点

現在子育てを行なっている、もしくは子どもが生まれる予定のある家族が住む場所を選ぶにあたっては、 それぞれの行政区によるサービスの違いにも気を配りたいところです。 例えば、育児や教育、生活などの面で、各行政区のサービスに関するデータや、 注力している取り組みをチェックすれば、住まいを選ぶ上で参考になります。 まず、小さい子どもがいる家庭では、育児に対するサポート環境がチェックポイントとなります。

例えば、小学校に入るまでの子どもを育てるにあたっては、 保育所や保育料、少子化項目などに気を配ることが大切です。 そのような場面では、それぞれの行政区に於いて、保育料や認可保育園の受け入れ状況などを比較・検討したり、 特色のある子育て支援サービスをチェックしたりすることをおすすめします。 埼玉県では、近年になって、多くの行政区で医療費の助成枠が拡大されています。

例えば、県内の行政区によっては、中学校を卒業するまで、所得による制限を受けず、 通院・入院に掛かる医療費の自己負担分の全額を助成してもらうことが可能となります。 また、子育てを行なっている世帯を対象として、ショッピングの際に割引サービスなどが提供される 「優待カード」を配布している行政区もあります。